がんの手術件数ランキング、がん治療の名医等の情報を掲載

 がん治療実力病院ランキング&名医情報
presented by hossie
since 2009/5/1
  サイトトップ  乳がん  子宮がん  肺がん  胃がん  泌尿器がん  その他のがん  リンク

私が泌尿器がんならこの医者に行く!「泌尿器がん治療・手術の最高の名医」

「胃がんを治療する際に知っておいた方がよいこと」はこちら
 (スポンサードリンク) 



 このページでは、泌尿器がん治療・泌尿器がん手術の名医と言われているドクターをご紹介しています。
 いずれのドクターも、がん治療のスペシャリストと言われる国立がんセンター名誉院長海老原敏先生が自らの著書「私ががんならこの医者に行く」の中で名前を挙げているお墨付きの名医です。
 リンクの張ってあるドクターについては、更に詳しい情報をご覧になれます。
 
私が泌尿器がんならこの医者に行く!「泌尿器がん治療・手術の最高の名医」
(がん体験談サイト)がん克服体験者からのお便り「私はこうして癌を克服した!」
氏名(敬称略)
病院名
解説
鳶巣賢一
静岡県立静岡がんセンター院長
1982年京都大学医学部卒。国立がんセンター等を経て現職。
手術が上手く、人格的にも優れていると評判のドクターです。癌の専門医に「前立腺の手術なら、静岡まで追いかけていけ」と言わしめる実力の持ち主です。
東治人
大阪医科大学 
腎・泌尿器外科教授
1988年大阪医科大学卒業。米国ハーバード大学外科学教室留学等を経て現職。末期の膀胱がん患者を多数診てきた泌尿器科の第一人者です。膀胱を摘出せずに膀胱がんの治癒を目指す画期的な治療法を生みだしたドクターとして知られています。
筧善行
香川大学医学部附属病院
泌尿器科教授
1981年京都大学医学部卒。同大助教授等を経て現職。
前立腺がんの根治手術では、神経再生による勃起能の回復を目指した「自家神経移植術」を希望患者に併用し、成果を上げています。
賀本敏行
京都大学医学部附属病院
泌尿器科学助教授
1987年京都大学医学部卒。滋賀県立成人病センター泌尿器科等を経て現職。高度先進医療の「腹腔鏡下根治的前立腺全摘術」の実施が可能であるほか、他の施設に先駆けて「強度変調放射線療法」を導入し、治療実績は全国最多です。
篠原信雄
北海道大学病院
泌尿器科助教授
1984年北海道大学医学部卒。ミシガン大学留学等を経て現職。
泌尿器科のスペシャリストとしてネットでも名前の挙がるドクターで、「患者さんへの説明に使える!泌尿器科の疾患&治療の知識」という著書もあります。
羽渕友則
秋田大学医学部附属病院
泌尿器科教授
1986年京都大学医学部卒。英国マリーキュリー研究所等を経て現職。腎臓がんの腹腔鏡(内視鏡)手術を行っており、患者は手術翌日には飲水や摂食、歩行が可能になり、早期就労復帰も可能となっています。
福井巌
癌研究会・癌研有明病院
副院長
1968年東京医科歯科大学医学部卒。ピッツバーグ留学等を経て現職。局所進行膀胱がんに対しては、拡大手術と術後の補助化学療法で、前立腺がんの局所進行がんに対しては術前のホルモン療法と拡大手術で治療成績の向上を目指しています。
前田修
大阪府立成人病センター
参事・泌尿器科医長
1984年大阪大学医学部卒。大阪府立病院泌尿器科等を経て現職。前立腺がんの多数の症例を扱っており、患者に応じた適切な治療が可能です。特に前立腺全摘除術の症例数は国内有数の実績を誇っています。
 掲載のドクターについては、所属が異動になっている場合がありますので、ご注意ください。

(お奨めサイト)

★前立腺がんの名医一覧〜全国の名医29名を掲載!
★全国の膀胱がんの名医リスト最新版(北海道から九州の名医14名を掲載) 
★膀胱を摘出せずに膀胱がんの治癒を目指す画期的な治療法(大阪医科大学病院) 
★膀胱がん治療実績ランキング(全国・東京都・大阪府) 
★ステージ4・ステージ3からのがん治療
★日本の膀胱がんの名医(名医navi-Japan)

●泌尿器がんへの抗腫瘍効果が報告されている抗がん漢方をご存知ですか?
 手術、放射線治療、化学療法等の標準治療だけでは解決できない末期がんの治療や副作用による患者のQOL (生活の質) の低下、再発などに悩む方々から、大きな期待を寄せられている抗がん漢方薬があります。
 "世界で認められた抗ガン漢方薬 "として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。

●低下した免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学の研究グループが企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロリコと名づけられたこの物質の免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。ブロリコは今まで世界に全くなかった新規の成分ということが東京大学の調べでわかっています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  
 

(スポンサードリンク)

『ご留意事項』
・「がん治療実力病院ランキング&名医情報」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に整形外科を
 選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。

・病院を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

がん治療実力病院ランキング&名医情報」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉し
 いです。

・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

がん治療実力病院ランキング&名医情報
COPYRIGHT (C):cancer-navi 2009. ALL RIGHTS RESERVED.